艶やかに鮮やかに

蒼い星の海翔けるグライド

ザ少年倶楽部が見たすぎて自力でBSアンテナを立てた話

 

 

120%タイトルの通りです。

 

 

簡単にできるよ!みんなもマネしてみてね!

っていうわけではなく、あくまで資料というか、備忘録に近いので

こんな感じでBSって見れるんだ~ふーん…くらいに思っていただければと思います。

 

 

 

※注意
 ・電波は空(衛星)から来ます。ビルや木などの遮蔽物が目の前にあるとほぼ届きません。
  そのため、最低でも周りに障害が無いような、大体3階建て相当の場所に取り付けが必要です。*1

 ・上記の理由により、高所かつ屋外の作業が必須になります。

  万一、作業をして怪我をしてしまっても責任は負いかねますのでご了承下さい。

 ・マンションや借家などにお住いの場合は管理会社などに取り付けてもいいか必ず確認を取ってください。
  取り付ける場所によってはその場所にキズが付いてしまう可能性が高いです。*2

 

 

★何をしたの
 BS放送を見るために業者さんにお願いするのではなくて自分でアンテナを買って自分で取り付けました。

 

★なんでBS放送が見たいの
 ザ少年倶楽部が見たかったから。
 もう少クラ難民に耐えられなかったのじゃ…

 

★どんな感じですか
こんな感じです。(雑)
みんな大好きいらすとやさんより画像お借りしています。

f:id:rockin0415:20180621002502p:plain

かわいいフリー素材集 いらすとや

 

①アンテナ

②フラット同軸ケーブル

同軸ケーブル(2m)

④HDDレコーダー*3

同軸ケーブル(1m)

⑥テレビ

ってな感じです。

 


★使ったもの
---下準備---
■「BSコンパス」
 まずこれでどこに取り付ければいいか、
 というかそもそも取り付けるべき方角に邪魔なものがないかどうか調査します。

play.google.com


■テレビ・レコーダーの空き口調査
 テレビは「BS・CS110度アンテナ入力口」
 レコーダーは「BS・CS110度アンテナ入力口」「BS・CS110度アンテナ出力口」
 がちゃんと空いているか確認。地デジのほうじゃないよ。BS・CSだよ。
 私はテレビとレコーダーの裏側をフラッシュ焚いて写真撮って確認してました。

 

 

---実際に使ったもの---
■アンテナ本体

DXアンテナ BS・110°CSアンテナセット BC453K

DXアンテナ BS・110°CSアンテナセット BC453K

 

 こいつがいなきゃ始まらない、BS・CSアンテナ。 

 Amazon先生で約50%引きに加えて必要なものが一式揃っていたのでおすすめ。

 しかも軽い。女性ひとりでも全然持ち上がります。

 大きさもLサイズのピザくらいかな?


 ちなみに、付属している同軸ケーブルがオスメスでした。

 アンテナ本体に取り付けるのはオス側のほう。

 そして、部屋に引き込むためのフラット同軸ケーブル(後述)が両端メス。

 メス同士では接続できないので、この付属ケーブルは利用せずに

 自分で買った両端オスのケーブルへ変更しました。

 とにかく説明書が分かりやすかったです。ありがてえ~

 

■フラット同軸ケーブル

 テレビだったりエアコンだったり光回線だったり、外から家の中へケーブルを敷設しなければならないときは

 通常壁に穴を空けます。そこから色々通します。ケーブルとか管とか。

 ただ、こういうのは家を建てる段階で穴を空けて、諸々処理をしてちゃんと塞いでいます。

 流石にDIYのレベルで家に穴は空けられません。

 それで必要なのがこのフラット同軸ケーブル。なんと窓のサッシに這わせるだけで家の中にケーブルが引き込めちゃう!

 本当にペラペラで不安になるのですが窓を閉めてもばっちりBSが映ります。すきま風も通りません。

 ただ、無理やりペラペラにしているそうなので若干電波の損失はあるらしい?とのこと。

 あとやっぱりペラいので中の銅線が折れたら怖い。予備で1本買っておくと安心かもしれない。

 半年使ってて今の所良好ではありますけどね!

 

■普通の同軸ケーブル(1m×2本、2m×1本)

HORIC アンテナケーブル S4CFB同軸 1.0m 両側F型ネジ式コネクタ ストレート/ストレートタイプ ブラック HAT10-SSBK

HORIC アンテナケーブル S4CFB同軸 1.0m 両側F型ネジ式コネクタ ストレート/ストレートタイプ ブラック HAT10-SSBK

 

  コネクタによってL型・F型ってあるので引き込みルートや機材達と要相談。

 普通ならF型のほう(先が曲がってないストレートなやつ)が使いやすいはず?

 私は全部F型で揃えました。ちなみにS型ってのもあるけどすぐ抜けそうなので好みではない…


 1mのものは
  ・アンテナ本体⇔フラット同軸ケーブル(さっき書いたオスメスケーブルの代用)
  ・テレビ⇔レコーダー

 2mのものは
  ・フラット同軸ケーブル⇔テレビ
 に利用しています。

 

★どうやったの

基本的には上の図の通りせっせと接続。アンテナも本体に仰角・方角の目盛りが付いているのでそれに合わせながらセット。

アンテナの取り付けは本当にあらん限りの力でぎゅっとナットを閉めてくださいね。落ちたらガチで事故です。

私は力みすぎて筋肉痛になりました。

 

テレビやレコーダーの接続は基本的には各メーカーさんの仕様通りに、といったところですが

99%はこんな感じ。のはず。

 

◎外→レコーダーまで

[アンテナ]---[フラット同軸ケーブル]---[同軸ケーブル]---[レコーダー入力口]

 

◎レコーダー→テレビまで

[レコーダー出力口]---[同軸ケーブル]---[テレビ入力口]

 

レコーダー使わない人はレコーダーの部分省いてもらって、アンテナから直接テレビの入力口に差せばOKです。

全部接続が終わったら、レコーダーorテレビからアンテナ感度チェック。

「設定」の項目とかに感度チェックの項目があるはず。

OKであればもうこれで映ります。

 

私は先程のオスメス問題で若干てこずったので2日掛かりましたが、

ちゃんと全部そろっていれば半日頑張れば終わる作業量です。

日が沈んでから屋外の作業やると事故のもとなのでやめましょうね!

というわけで取り付けてから半年、何の問題もなくBSが見られるようになっています。

少クラ最高…

 

ちなみに費用は1万円以内です。業者さん呼ぶと2万程度?かな?

半額くらいで抑えられはするものの、リスクがあまりにも高いので(笑)、

先程も書きましたが「ふーん…」くらいの感覚でどうぞよしなに。

 


★後日談
 アンテナ付けた翌日にNHKの集金の人が来たらしい。よく見てんなあ…
 なんか検知できる仕組みでもあるのでしょうね。その素早さに感服しました。
 あ、我が家はちゃんと受信料お支払いしてますからね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄い余談だけど、LANもUSBもLightningもmicroUSBもHDMIもオスメスの概念がほぼ

存在しないので、オスメスって言い方がそもそもハードルが高いのかしら…?

まあその辺は見りゃ分かります。そのまんまです。

D端子の名前の由来なんて、本当にそのまま「Dの字に見えるから」とか、

小難しそうな業界も意外と安直な名付け方をしているものなのです。

何の話だこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:だからアンテナは屋根のてっぺんに付いているんだぜ!

*2:我が家はベランダに付けたのですがたぶん取り付けた柵にキズ付いてる

*3:ビデオテープ知らないとか言うなよ!泣くぞ!