艶やかに鮮やかに

蒼い星の海翔けるグライド

回せリボルバー!

こんばんは。

東京、冷えてきましたね。余裕こいて夏に着ていた薄手のシャツを着続けていますが、

そろそろ限界なので秋冬のセーターを引っ張り出そうかなと。

サマパラは大好きですが季節は圧倒的に秋冬が好きです。化粧崩れないし。

 

さて、前回のお約束通り今回はLove-tuneについてつらつら書きたいなと。

丁度少年倶楽部Love-tune初オリジナル曲「CALL」も放送されたことですし。

 

約半年前にLove-tuneが結成されて以来、A.B.C-Z代々木コンでバックに付いた彼らは

見れたものの、あくまでバックなのでそこまでがっつり見ることも叶わず。

(そもそもA.B.C-Z見ることに必死だったってのもあるんですけど)

しかし先日、DREAM BOYSを観劇しに行きまして。

そこで初めて「CALL」を聞くことができまして。

すっげえな、アレ。

もう言葉が出ませんでした。

 

楽器隊*1の演奏から始まるイントロ、

安井謙太郎くんのセンターとしての堂々たる姿勢、

長妻怜央くんと諸星翔希くんのアクロバット

阿部顕嵐くんのワールド・イズ・マイン感。(凄い褒めてる)

結成して半年、7人体制になって数ヶ月とは思えない完成度と勢いだと感じました。

本当に「この帝劇にいるキスマイのファン全員奪ってやる!」くらいの勢い。

元々それぞれが持ち合わせているポテンシャルの高さもあるのでしょうけど、

合わさるとこんなに凄いんだ!っていう、まさに「化学反応」だなと。

曲の格好良さも去ることながら、7人の勢いをまざまざと見せつけられた格好と相成りました。

衣装も可愛いですしね。全員、どこかにハートがデザインされているのが可愛い…!

 

近年は中高生あたりでのグループ結成が多く、あまり20歳以上のジュニアに

興味が向けられていない風潮が存在する気がします。

HiHi JetやClassmate J、天才Geniusが立て続けに結成され、

なおかつMr.KingやPrinceの躍進ぶりを見ているとやっぱり10代を育てたいよな、って。

20歳以上は(言い方をあえて悪くすると)放っていても自分自身である程度成長できるというか。

今は成長の仕方も分からない中高生を手厚く面倒見てあげている気がします。

こう書くと学校みたいだなあ。

でも実際、中高生をいきなりショービジネスの世界に放り込んで

「ほら、成長しろよ」と言っても無理な話なので。

方針としては至極真っ当だと思います。

それがあったからこそえびきすも成長しましたからね。

 

だからこそ、その逆風の中でのLove-tune結成というのは本当に凄い事だと思います。

一部10代もいるけど、中々平均年齢が高めのグループですからね。

今はただただ彼らの躍進を期待するばかりです。

何なら今からデビューしようぜ!CALL音源化しようぜ!

個人的には同い年の安井くん、近キョリ恋愛出演から応援していた長妻くん、

PLAYZONEに出ていた頃から好みだった顕嵐くんが同じグループに所属したという

事実だけでテンション爆上げもいい所なんですけどね。

トラジャ脱退問題はちょっと悲しい所もあるのですが…Love-tuneに専念すると言うならば

もうこっちのグループで天下取って頂かないと。ね?

 

しかし美勇人くんは色々と大丈夫なのでしょうか。グループ掛け持ちって。

我が家でよく「森田大丈夫か会議」が開かれるくらいです。

ABC座でも頑張ってましたよ、彼。先週観劇しに行きました。

 

 

 

ちなみに、彼らのお陰でドリボの本筋はほぼ吹っ飛びました。でもエンディング、良かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ギターの真田佑馬くん、ベースの森田美勇人くん、ドラムの萩谷慧悟くん